Soup Stock Tokyo

和栗とさつま芋のスープ

調理時間 : 40分

和栗とさつま芋のスープ

栗とさつま芋でほっくりした秋を感じるスープにしました。 今回は、甘さを抑えた仕上がりにしています。

材料(4人前)

和栗
300g(むき身150g)
さつま芋
100g
干し芋
20g
玉葱
1/4個
バター
8g
生クリーム
100cc
チキンブイヨン
100cc
400cc
小さじ1/2

<付け合せ>

スライスアーモンド
少々
クルミ乱切り
少々

つくり方

1
栗は鬼皮と渋皮でむき水につけます。水を2〜3回変えてよくさらし、水気をきってスライスする。
2
玉葱、さつま芋もうす切りにする。
3
鍋にバターを溶かし中火で玉葱をソテーし、しんなりしてきたところへ栗とさつま芋を加えさらにソテーをする。
4
約5分〜8分ほどソテーをして全体がなじんできたら水とチキンブイヨン、干し芋を手でちぎり、加え煮る。
5
煮立ったら中弱火し10〜15分煮込む。
6
ハンドミキサーでピューレ状にして鍋に戻して生クリームを加えひと煮し塩で味を調える。
7
付け合せのアーモンドスライスと胡桃をフライパンでかるく焼き色がつく程度乾煎りする。
8
スープを器に盛り仕上げにアーモンド、胡桃を添える。

< ワンポイントアドバイス >

栗はぬるま湯に1時間漬けて置くと皮がむきやすくなります。今回のスープは渋皮もむいて水にさらしアク抜きをします。ミキシング時間を増やし裏ごしをして仕上げるとなめらかでクリーミ―なスープに仕上がります。

 ここがオススメ 

アレンジとして、栗を砂糖でキャラメリゼして少量の水を加えて混ぜ合わせ、ペースト状にしてからホイップしたクリームやカスタードクリームと和えると、和栗のモンブランとしてもお楽しみいただけます。濃いカフェオレといただけば、朝のひとときで秋を感じられると思います。