Soup Stock Tokyo

鯵の干物と鱈のズッパディペッシェ

調理時間 : 30分

鯵の干物と鱈のズッパディペッシェ

軽い仕上がりの魚のスープです。玉葱とパプリカをじっくりソテーすることにより野菜の甘みと深みを出すことがこのスープをよりおいしくします。
和食の朝食に欠かせない定番の干物ですが、生魚とはひと味ちがう深みがあります。冬の乾燥した空気で干した干物は格別の味わいです。イカの一夜干しとトマトソースのパスタや骨ごと食べれる鰯の丸干しフライなど干物の濃縮した旨味をお試し下さい。

材料(2〜3人前)

鱈(たら)切り身
1枚(100g)
鯵(あじ)の干物
1枚
玉ねぎ
1/2個
赤パプリカ
1/2個
にんにく
少々
大さじ2
小さじ1
小さじ1/2
醤油
少々
ホールトマト
100g
500cc
EXVオリーブオイル
大さじ1

<付け合せ>

春菊
少々
EXVオリーブオイル
少々

つくり方

1
鱈を一口大に切る。
2
鯵の干物を焼いて身をほぐしておく。
3
玉ねぎと赤パプリカはスライスする。
4
にんにくは、みじん切りにする。
5
EXVオリーブオイルに4を弱火で香りをだしてから3を加え中弱火でソテーする。
6
5を半量になるまでソテーし、野菜の甘みを引き出していく。
7
6に鱈を加えソテーする。魚にしっかり火を入れる。
8
鯵のほぐし身を加える。
9
8に酒を加え中強火にしてアルコールを飛ばし、潰したホールトマトを加える。
10
なじんできたら水を加え強火で沸かす。
11
沸騰したら弱火にし5分ほど煮る。
12
仕上げに酢で全体を〆て、醤油で丸みを出し、塩で味を調える。
13
器に盛り、一口大に切りEXVオリーブオイルで和えた春菊を添える。

 ここがオススメ 

今回はクセのない鱈を使用しましたが、かじきまぐろやかますなど色々な魚で応用できます。また暑い季節には、鯖と鯵の干物2種で冷たいスープを作り、そうめんとオニオンスライス、大葉、仕上げにEXVオリーブオイルをひとふりでテラス食べたくなるスープにも仕上がります。