Soup Stock Tokyo

干し椎茸とほうれん草のお椀

調理時間 : 30分(干し椎茸の戻し時間は除く)

干し椎茸とほうれん草のお椀

干し椎茸のだしのおいしさを味わう一品です。新年の食卓にふさわしい艶やかな色合いに仕上げました。干し椎茸を美味しく召し上がっていただくには、「戻し方」が初めの一歩です。きちんと戻した椎茸と戻し汁は香りが豊で、味わい深いです。多めに戻して麺つゆ、炊き込みご飯、干し椎茸のすき焼きなどもおすすめです。

材料(3〜4人前)

干し椎茸
4個
600cc
鰹節
8g
ほうれん草
30g
大さじ2
醤油
大さじ2
少々

<付け合せ>

山芋
30g
金時人参
30g
三つ葉
少々

つくり方

1
金時人参と山芋は皮をむきマッチ棒大に切る。
2
金時人参を2分ほど茹でて冷水に取る。
3
仕上げの付け合せ用に金時人参と山芋を交互に重ね、それを三つ葉で結んでおく。
4
前もって浸けて置いた干し椎茸の戻し汁を漉す。
5
鍋に4の軸を取った椎茸、戻し汁、酒、醤油を強火で沸騰させアクを取る。
6
5を弱火で10分に煮て椎茸を取り出す。
7
鰹節を入れ、3分煮てから火を止めて鰹節が沈んできたら静かに漉す。
8
7のだしを少量取り出し加熱し、ほうれん草を湯がく。冷ました後ブレンダーでミキシングする。
9
7と8を鍋で合わせ火にかけ塩で味を調える。
10
器にだしを入れ金時人参と山芋、椎茸を添える。

< ワンポイントアドバイス >

干し椎茸の戻し方は10分冷水で浸けて雑味を取る。その椎茸の汚れを荒い流し新たにひたひたより多めの冷水をタッパーに入れ、蓋をして冷蔵庫で浸けます。戻し時間はどんこ椎茸は24時間、香信椎茸は3時間を目安にして下さい。