Soup Stock Tokyo

牡蠣と春菊のスープ

調理時間 : 20分

牡蠣と春菊のスープ

牡蠣の磯の香りと白菜の甘みにピリ辛のスープが冷えた体を温めてくれます。春菊の独特な香りがアクセントになります。そのままスープとして食べても、ご飯のおかずとしても、 春雨を沢山入れて黒酢を効かせたスープ春雨としてもお召し上がりいただけます。

材料(3〜4人前)

牡蠣
150g
白菜
1枚
春菊
40g
春雨
40g
長葱
30g
700g
大さじ2
醤油
大さじ1
XO醤
大さじ2
豆板醤
少々
胡麻油
大さじ1
水溶き片栗粉
少々

つくり方

1
牡蠣は塩少々(分量外)でもみ洗いをしてから冷水で洗い流す。
2
長葱はみじん切り。白菜は5mm程度の千切り。春菊は一口大の大きさに切っておく。
3
鍋に胡麻油をひき、中火で長葱を軽く炒め、そこに豆板醤、XO醤を入れ1分ほど炒める。
4
3に白菜、水、酒、醤油を入れ、強火で沸かす。
5
4が沸騰したら牡蠣と春雨を加え、中火にしてアクを取りながら6分煮る。
6
味を調え、水溶き片栗粉でとろみをつける。
7
最後に春菊を加え、火を止めて器に盛る。

< ワンポイントアドバイス >

●むき身牡蠣の洗い方
牡蠣に塩少々で軽くもみ洗いをします。5〜6回水を入れ替えて、汚れと塩を落とし、ざるに移し水気を切ります。身を傷つけないようにそっと洗って下さい。 火を入れ過ぎないようにしてぷりっとした牡蠣に仕上げて下さい。

 ここがオススメ 

大人になってからおいしさの再発見がある春菊。豚しゃぶと春菊・もやしのポン酢サラダや、ペペロンチーノのパスタにたっぷりの春菊を加えたり、ハンバーガーに厚めのトマトと生の春菊を入れたり。あまり火を入れ過ぎずに香り豊かな春菊を楽しんでみて下さい。