Soup Stock Tokyo

桜鯛のトマト椀

調理時間 : 40分

桜鯛のトマト椀

鯛のお頭でおいしい出汁がでます。
歯触りもよく磯の香りもやさしい若布(わかめ)と、ほろ苦い春の味覚の菜の花、そしてトマト入れることで、軽くなり華やかな一品に仕上がります。
鯛のお頭には「鯛の鯛」と言われる骨があります。縁起物として、財布に入れておくとお金が貯まると言われています。こんな食の楽しみ方も江戸時代の遊び心から生まれた言葉なんですね。

材料(3〜4人前)

鯛の頭
1匹分
若布
60g
昆布
5cm角1枚
菜の花
8本
ホールトマト
大さじ5
大さじ1
醤油
大さじ1
小さじ1/2
700cc

つくり方

1
若布(わかめ)は冷水で5分浸けて、塩をよく洗い流し、一口大に切る。
2
鯛のお頭をさっと熱湯にくぐらせ、魚の臭味をとる。
3
鍋に鯛、昆布、ホールトマト、酒、醤油、水を入れ強火で沸かす。
4
沸騰したら中火にして、20分アクを取りながら煮る。
5
菜の花、若布を入れ、2分煮てから塩で味を調えてから器に盛る。

< ワンポイントアドバイス >

魚の頭は熱湯にくぐらせたり、またはざるに魚を入れて熱湯を流しかけたりしてから冷水に取ります。このひと手間で魚の嫌な生臭さや、鱗も取れやすくなります。若布は肉厚なもの選び、戻し過ぎないようにして塩をしっかりと抜いて下さい。「戻し方」でおいしさがぐんと変わってきます。

 ここがオススメ 

春が旬の若布をいつもの酢の物や汁物以外にも使ってみましょう。若布の炊き込みご飯や佃煮、焼きうどんや若布銀餡など、この季節ならではです。