Soup Stock Tokyo

筍としらすのスープ

調理時間 : 30分

筍としらすのスープ

春の新芽はほろ苦さやえぐみがあり、これを取り入れ、体も冬眠から目覚める働きになっています。
大地の生命力をいただくとなると筍に勝るものはないと思います。今回はより手軽に作れるように水煮筍で作りました。

材料(3〜4人前)

筍水煮
2袋
玉葱
1/2個
じゃがいも
1個
ベーコン
30g
500cc
バター
8g
お好み

<付け合せ>

筍のおかか和え
適量
筍のロースト
適量
じゃこ
適量

つくり方

1
付け合せを作る。
付け合せ用のおかか和えとローストを作る。筍水煮の穂先部分は薄くスライスし、下の部分は50gほどのさいの目切りにする。
2
1の筍はフライパンに油大さじ1をひき、強火で炒め、焼き色をつける。
3
2の焼き色のついた筍はペーパータオルで油を取る。さいの目切りの筍はおかかと和えておく。
4
油を使わずフライパンでしらすを乾煎りする。この時にあまりカリカリにし過ぎないようにし、小皿に取っておく。
5
スープを作る
筍は水洗いをしてから薄切り、玉葱も薄切り、じゃがいも、ベーコンは一口大に切る。
6
鍋に玉葱を入れ、バターで中弱火で炒める。
7
玉葱が透明になってきたら筍、じゃがいも、ベーコンを加え、なじませながら炒める。
8
水を加え、強火で沸騰させる。
9
沸騰したら中火にして、じゃがいもが柔らかくなるまで約10分ほど煮る。
10
9をミキサーにかける。
11
鍋へ戻し、弱火にかけ、味を調える。
12
器にスープを盛り、筍のおかか和え、ロースト、しらすを添える。

< ワンポイントアドバイス >

水煮筍は水洗いしてから使いましょう。

 ここがオススメ 

筍は部位によって味が違います。よって調理法も変わってきます。 筍のフライやトマト煮、茹で筍のおかかポン酢、辛子味噌和えなどお試しください。