Soup Stock Tokyo

大和芋のすり流し お揚げを添えて

調理時間 : 25分

大和芋のすり流し お揚げを添えて

干し椎茸と干し海老の旨味を大和芋のねっとり感が包み込みます。小松菜を入れることでみずみずしさが加わり飽きずにお召し上がりいただけます。大和芋は、体力回復、消化にも優れているので、すりおろしてとろろ、海苔で包んで磯部揚げ、千切りにしてサラダなどいろいろな工夫をして常食したいものです。

材料(3〜4人前)

大和芋
230g
小松菜
30g
干しスライス椎茸
3g
干し海老
3g
昆布だし
400〜600cc(大和芋により濃度は調整ください)
醤油
大さじ1
小さじ1/2〜1
サラダ油
大さじ1

<付け合せ>

油揚げ
2枚

つくり方

1
大和芋の皮をむき適当な薄切りにし昆布だしとミキサーにかける(昆布だしはミキサーが回りやすい量で良い)。
2
鍋にサラダ油をひき中火から弱火で干し椎茸をじっくりと10分ほど炒める。
3
そこへ干し海老を加えさらに炒め海老の香りを立たせる。
4
3の鍋に1のすり流した大和芋と昆布だし、醤油を加えひと煮立ちさせる。
5
テフロン加工のフライパンへ2cm角に切った油揚げを入れ、中火〜強火でこんがりと両面を焼き軽く塩をふる。
6
4のひと煮立ちさせたスープへ2cm幅に切った小松菜、塩を加え味を調える。
7
器へ盛り6の焼きお揚げを添える。

< ワンポイントアドバイス >

より手軽に作るため大和芋はミキサーですっています。干し椎茸のスライスが厚い場合は水で戻してから戻し汁と一緒に使ってください。

 ここがオススメ 

このレシピの昆布だしを使わず、片栗粉大さじ2を加えて焼けば、大和芋のふわふわ焼きになります。きんぴらや梅干しを加えたりチーズをトッピングしてオーブンで焼いたグラタンなどアレンジも楽しめます。