Soup Stock Tokyo

蕪のポタージュ

調理時間 : 40分

蕪のポタージュ

ふっくらとした蕪の甘さが詰まった一皿です。蕪は通年出荷されていますが、寒い時期のほうが甘味も増すので、旬と言えます。豆乳で仕上げたり、生クリームやバターを多めにして、リッチな仕上がりにしたりアレンジもできます。なめらかな舌触りのポタージュをお楽しみください。

材料(4〜5人前)

4個
玉葱
1/2個
じゃがいも
1個
チキンブイヨン
100cc
牛乳
150cc
生クリーム
100cc
300cc
バター
8g
小さじ1

<付け合せ>

蕪と葉
適量
クルトン
適量

つくり方

<付け合せをつくる(蕪とクルトン)>
1
蕪はあられ切り、葉は1cm幅に切り水洗いをする。
2
鍋にお湯を沸かし、塩少々を入れ、蕪を30秒茹で、そこへ葉も加え、さらに20秒茹でて、冷水に取り、水気を切っておく。
3
食パン1枚の耳を取り、あられ切りにし、フライパンにバター10gをひき、中火で焼き色を付け、塩少々をふり、小皿に取っておく。
<スープをつくる>
1
玉葱は薄切り、蕪は葉を取り、水洗いして縦半分に切って、厚めのスライスをする。
2
じゃがいもは水洗いをし、皮をむき、薄切りにする。
3
鍋にバターをひき、玉葱を中火でしんなりするまで炒める。
4
玉葱が透明になってきたら、蕪とじゃがいもを加え、さらに炒める。
5
全体的にしんなりしてきたら、水とチキンブイヨンを加え、強火で沸かす。
6
5が沸騰してきたら、中火にして15分煮込む。
7
6をミキサーにかけてスープ状にする。
8
7を鍋に戻し、中火にかけて牛乳と生クリームを加える。
9
塩で味を調え、器に盛り、あられ切りの蕪と葉、クルトンを添える。

< ワンポイントアドバイス >

蕪はあまり煮過ぎないことが甘さが引き出すコツです。

 ここがオススメ 

蕪は捨てる所がなく葉もすべて使えます。生の蕪は蜂蜜との相性が良く、千切りにして蜂蜜にフレンチドレッシングを合わせ、くるみのみじん切りをかければ洒落たサラダにもなります。