Soup Stock Tokyo

秋野菜と雑穀のけんちん汁

調理時間 : 40分

秋野菜と雑穀のけんちん汁

ほっこりとしたスープです。茄子を炒めることで全体のボリューム感がでます。舞茸の味わいに長葱、長芋、厚揚げ、雑穀が合わさり、野菜だけでもしっかりとした味わいで、田舎の懐かしい風景が浮かんできます。
茄子は油との相性が良い野菜ですが、油をよく吸うので炒めている最中に油を足すことがあります。あまり油を足し過ぎるとカロリーも気になり油っぽい仕上がりになってしまうので要注意です。火加減はやや強めで、蓋をしないことで茄子をとろっとした仕上がりにできます。

材料(4〜5人前)

茄子
2本
長芋
1/3
長葱
1本
舞茸
2パック
雑穀ミックス
25g
厚揚げ
1/2パック
かつおだし
600cc
醤油
大さじ2
大さじ1
小さじ1
胡麻油
小さじ1
サラダ油
大さじ2

<付け合せ>

あさつき
適量

つくり方

1
長芋の皮をむく。茄子、厚揚げ、長芋は賽の目切り、長葱は一口大に切り、舞茸は割いておく。
2
鍋にお湯を沸かして、雑穀ミックスを入れ、約10分ほど茹でて火を通し、ザルにあける。
3
新たな鍋にサラダ油を入れ、茄子を中強火で炒める。
4
3の茄子が柔らかくなったら、かつおだし、長葱、長芋、舞茸、厚揚げ、2の雑穀、醤油、酒を加え、強火で沸かす。
5
沸騰したら中火にして、7分煮込む。
6
塩で味を調え、胡麻油を加え、ひと煮立ちさせ、器に盛り、あさつきを添える。

< ワンポイントアドバイス >

季節ごとに野菜を変えていただくと趣が変わります。

 ここがオススメ 

茄子の油吸い過ぎが気になる方は、茄子を切ってから、塩を軽くふり、10分ほど置き、キッチンペーパーで茄子から出た水分を拭き取ります。 この下処理をしてから炒めるとアクも抜けて油も吸収し過ぎずふっくらとした仕上になります。