Soup Stock Tokyo

紅芯大根のスープ

調理時間 : 50分

紅芯大根のスープ

紅芯大根は、皮は青首大根と同じく緑で中身は紅色の大根です。甘みが強く生で食べるとパリッとした食感が特徴です。「煮てよし、浸けてよし、生でよし」と様々な調理方法で食べることができます。しっかりと煮ることにより紅芯大根の甘さをより一層引き出しています。 食材は、大根と水と塩だけですが深い味わいに改めて大根という食材の奥深さを感じます。

紅芯大根のスープ

材料(3〜4人前)

紅芯大根
1個(500g)
1.5L
小さじ1/2〜1

<付け合せ>

ベーコン(薄切り)
2枚
生クリーム
大さじ1

つくり方

1
ベーコンは、1cm角に切り沸騰したお湯で20秒茹でて水気を切っておく。
2
紅芯大根は、皮を厚めにむき、大きめの乱切りにする。
3
鍋に2の大根と水を入れ強火で沸かす。
4
沸騰したら中火にして30分煮る。
5
3を煮汁ごとミキサーにかけてなめらかにする。
6
鍋に戻し弱火にかけ塩で味を調える。
7
器に盛り1のベーコンと生クリームを添える。

< ワンポイントアドバイス >

少し煮過ぎかなと思うぐらいが紅芯大根の甘さが引き立ちます

 ここがオススメ 

甘酢浸け、ピクルスなど酢浸けにして1日以上置くとさらに赤い色が鮮やかになります。柚子風味のなますや、金時人参と紅芯大根の千切りサラダなど味わってみてください。