Soup Stock Tokyo

小豆とベーコンのスープ

調理時間 : 30分(小豆の茹で時間は除く)

小豆とベーコンのスープ

あんこ以外では食べる機会の少ない小豆ですが、甘くない小豆は新鮮なおいしさがあり、今回はスパイスを効かせたスープに仕上げました。小豆は他の豆と比べ皮が薄いので、一晩水で戻さなくても素材の持ち味を十分に引き出せます。カレー粉やトマト、ハーブなどでアレンジも可能です。

材料(3〜4人前)

小豆
100g
玉葱
1/2個
セロリ
70g
ベーコン
100g
700cc
フェンネルシード
小さじ1/4
オールスパイス
少々
にんにく
少々
オリーブオイル
大さじ1
小さじ1

<付け合せ>

セルフィーユ
適量

つくり方

<小豆の下茹で>
1
小豆は、軽く水洗いをする。
2
鍋に小豆と小豆の3倍程度の水を加え強火で沸かす。
3
沸騰したら火を止めてザルにあけて煮汁を捨てる。
4
鍋に3の小豆と小豆の4〜5倍程度の水、塩ひとつまみ(分量外)を加えて強火で沸かす。
5
沸騰したら中火にして時々アクをとりながら約1時間煮る(小豆が柔らかくなればOKですが柔らか過ぎには注意してください)
6
茹で上がったらザルにあけておく。
<スープを作る>
1
玉葱、セロリ、にんにくはみじん切り、ベーコンは賽の目切りにする。
2
鍋にオリーブオイルとにんにくを入れ弱火でにんにくの香りをだしていく。
3
玉葱とセロリを加え中火で5分炒めベーコン、フェンネルシード、オールスパイスを加えさらに5分炒める。
4
3に下茹でをした小豆、水を加え強火で沸かす。
5
沸騰したら中火にして15分煮る。
6
仕上げに塩で味を調え器に盛りセルフィーユを添える。

< ワンポイントアドバイス >

小豆の下茹では、2回茹でます。一度目は、茹でるというより「アク抜き」の感覚です。沸騰したらザルにあけて、茹で汁は捨ててください。この下処理により一晩水に浸けずに戻せて雑味が抜けます。

 ここがオススメ 

小豆といえばやはりぜんざい。ぜんざいは、「サラサラ」ではなく「どろどろ」の感じで仕上げ控えめの砂糖で塩をほんの少しだけ加えれば豆の味が生かせます。牛乳を加えたり、大葉の千切りを加えるなど、少しアレンジをすると普段のイメージとは違うぜんざいを楽しめます。