Soup Stock Tokyo

煎り酒の牛すき煮

調理時間 : 30分

煎り酒の牛すき煮

日本酒を贅沢に使って煎り酒を作り、梅の酸味と香りでさっぱりと食べられる上品な牛すき煮に仕立てました。

煎り酒の牛すき煮

材料(1〜2人前)

<煎り酒>350cc ※下記、材料を鍋に入れて煮だす。(仕上がりが350cc程度になるまで)

日本酒
500cc
梅干し
5〜6粒
昆布
10cm

牛肉(すき焼き用)
4〜6枚
豆腐
1/2丁
九条葱
2本
えのき
1/2pc
1個
昆布だし
150cc
適宜
粉山椒
適宜

つくり方

<煎り酒>
1
日本酒、梅干し、昆布を鍋に入れ、中火にかけて350cc程度になるまで煮詰める。
2
梅干し、昆布は取り出しておく。
<スープ>
1
蕪は皮をむいてスライサーで薄くスライスする。九条葱は斜めに薄切り、えのきは石づきを切って半分の長さに切っておく。豆腐は食べやすいサイズに切る。
2
鍋に蕪のスライスを広げて並べ、その上に豆腐をのせる。昆布だしと煎り酒を入れ、えのきを加えて加熱する。
3
沸騰したら牛肉と九条ネギを加え、軽く火が通ったらお好みで粉山椒を振りかける。

< ワンポイントアドバイス >

煎り酒に使う梅干しは、赤紫蘇を使っていない塩漬けだけのものがおすすめです。 また、梅の酸味でさっぱりと食べられるので、牛肉は多少脂が多い部位が美味しく食べられます。 牛肉と九条葱はさっと火を入れる程度で、煮えすぎない内にお召し上がりください。

 ここがオススメ 

一般的な醤油と砂糖のすき焼きに比べてさっぱりと牛肉が食べられるので、幅広い世代が集まるお正月の家族団らんにもぴったりな一品です。