Soup Stock Tokyo

牛すじと芹のキムチ鍋

調理時間 : 20分(+牛すじ肉の下茹で40分)

牛すじと芹のキムチ鍋

牛すじ肉とキムチの旨味が詰まったコク深いスープを、たっぷりの芹でさっぱりといただきます。 熱々で辛いスープが寒い季節に体を芯から温めてくれます。

材料(2人前)

牛すじ肉
300g
300cc

牛すじの煮汁
200cc
1/2束
キムチ
150g
舞茸
1/2パック
長葱
1/2本
絹ごし豆腐
1/2丁
ごま油
小さじ2
昆布だし
150cc
魚醤
15cc

つくり方

1
牛すじ肉と水を圧力鍋に入れて、蓋をせずに強火にかけて沸騰させ、アクをとる。
2
蓋をして圧力をかけ、弱火にして20分加熱して火から下し、圧力が抜けたら蓋を外して牛すじ肉を取り出し、一口大にカットして煮汁と分けておく。
3
芹の根は根元から切り落として捨てずに水でよく洗っておく。葉と茎の部分は4?の長さに切っておく。
4
舞茸は食べやすい大きさに分け、長葱は斜め切り、豆腐は6等分に切っておく。
5
鍋にごま油を入れて加熱し、キムチを軽く炒める。
6
カットした牛すじ肉と煮汁、昆布だし、舞茸、豆腐を加えて、中火にかける。
7
沸騰してきたら長葱を加え、軽く火が通ったら味をみて、魚醤を加えて味を調える。
8
最後に芹をのせて、軽く煮えてきたところを食べる。

< ワンポイントアドバイス >

キムチはできるだけ発酵が進んだ古漬けがおすすめです。 ごま油で炒めることで、発酵の酸味が旨味に変わっていきます。 芹は根の部分が香り高くおいしいので、捨てずによく洗って使いましょう。

 ここがオススメ 

具沢山な食事スープです。 牛すじ肉が手に入らなければ、豚バラ肉など脂の多い肉を代わりに使うと、コクのあるスープが手軽に作れます。