Soup Stock Tokyo

芹と帆立のパイ包みスープ

調理時間 : 35分(+帆立ひも浸け時間30分)

芹と帆立のパイ包みスープ

春の七草のひとつである芹をアクセントにした、和風のパイ包みスープです。 独特の香りを持つ芹ですが、柚子と出汁と一緒にパイで包んで焼き上げることで、香り風味ともに上品な和のテイストに仕上げました。

材料(3〜4人前)

帆立ひも(乾燥)
20g
600g
昆布
5g
鰹節
5g

じゃが芋
300g
新玉葱
100g
オリーブオイル
20g
牛乳
200g
3g

帆立
6〜8個
40g
柚子の皮
適量(お好みで)

冷凍パイシート
適量
溶き卵
適量

つくり方

1
小鍋に水、帆立ひも、昆布を入れ30分以上漬けておく。
2
1を中火にかけ沸騰する前に昆布を取り出す。沸騰したら、アクを取り弱火で15分ほど煮出す。火を止め鰹節を入れ、沈んだら漉す。
3
じゃが芋、玉葱は皮をむき、5mm厚にスライスする。芹は3cm長に切り、根は縦半分に割る。柚子の皮は刻んでおく。
4
鍋にオリーブオイル、じゃが芋、玉葱を入れ、中火で炒める。
5
じゃが芋が透き通ってきたら2の出汁を加えて、15分ほど弱火でじゃが芋に火を通す。
6
牛乳を加え、ひと煮立ちさせたら火を止めミキサーにかけ滑らかにし、塩で味を調える。
7
帆立は油を使わず、熱したフライパンで両面に焼き色を付けるように強火でさっと焼く。(火は中まで通さなくてよい)
8
耐熱皿に6のスープ、焼き色をつけた帆立、芹、柚子の皮を入れる。パイシートで蓋をして溶き卵を塗り、220℃のオーブンで8分ほど焼く。

< ワンポイントアドバイス >

帆立は表面だけ焼き目を付けることで、帆立の旨味をある程度閉じ込め、パイ包みにすることで流れ出した旨味もスープに溶け込みます。 柚子の代わりにオレンジやレモンなどの柑橘系の皮でもまた違った風味をお楽しみいただけます。 パイの艶出しのために溶き卵を塗りますが、溶き卵1個分に水20cc、塩ひとつまみを加えるとより美しく仕上がります。

 ここがオススメ 

じゃが芋をベースに牛乳でクリーム仕立てにしているのでさっぱりと召し上がれます。 帆立に代えて鶏肉や白身魚などと季節の野菜で、色々なバリーエーションもお楽しみください。