Soup Stock Tokyo

新玉葱の冷たいポタージュ

調理時間 : 50分

新玉葱の冷たいポタージュ

新玉葱の季節だけに味わえる、素材の甘さが際立つ冷製スープです。 生姜の香りを忍ばせ、茄子といんげんの胡麻和えを添えて、和の面持ちに仕上げました。

材料(5〜6人前)

新玉葱
2個
バター
8g
チキンブイヨン
50cc
400cc
牛乳
150cc
おろし生姜
小さじ1/4
小さじ2/3

<胡麻和え>

茄子
2個
いんげん
3本
すり胡麻(黒)
大さじ2/3
小さじ1/2

つくり方

<胡麻和えを作る>
1
茄子はピーラーで皮をむき、変色しないよう水に浸けておく。
2
耐熱皿に茄子を入れラップをふわっとかけ、電子レンジで加熱し(600Wで3分)そのまま自然に冷まして1cm角に切る。
3
いんげんはヘタを取り、さっと塩茹でし冷水で冷やして5mm幅に切る。
4
茄子といんげんを合わせ、すり胡麻、塩で和える。
<スープを作る>
1
新玉葱は薄くスライスする。
2
鍋にバターをひき、中弱火で新玉葱を炒める。
3
新玉葱がしんなりしてきたら5分ほど炒め、チキンブイヨンと水を加え強火で沸かす。
4
沸騰したら中火にし5分煮てから、ミキサーにかけてなめらかにし、よく冷やす。
5
牛乳、生姜、塩を加え味を調える。
6
スープを器に盛り、胡麻和えを添える。

< ワンポイントアドバイス >

美しい白色に仕上げたいので、新玉葱を炒める際は、色を付けないように注意してください。 新玉葱の大きさやみずみずしさによって味が変わってきますので、水や塩の量はお好みで調整してください。

 ここがオススメ 

新玉葱は薄くスライスしてマリネにし保存しておくと、鰹節、オリーブオイル、胡麻油などと和えて和洋中いろいろアレンジできます。 薄めと厚め、2通りの薄さにスライスしておくと、異なる食感が楽しめ、時間がたっても美味しく召しあがれます。